代表者ご挨拶

毎月50人以上の新患さん獲得

ホームページで集客



 ネットを駆使しているうちに、集客には困らなくなった




私が治療院を開業したのは2001年4月のことです。

当初はホームページにチカラを入れている治療院やサロンはまだまだ少なかったです。ウインドウズがXPになったのを皮切りに、多くの方が更に気軽にパソコンを手にしだした頃です。

私は開業当初からインターネットにチカラを入れていたわけではありませんでした。最初の頃は紙媒体がメインでした。地域新聞や折り込み広告、自分でポスティングを必死にやっていました。

開業当初からすぐに行き詰まって閉店寸前の状態でしたからバイトと掛け持ちしながらやっていました。でも、ちょっとずつノウハウを勉強し、そしてすぐにそれを実践に移すというやり方で何とか切り盛りしていました。

紙媒体での広告は、治療院には珍しく2ステップマーケティングを駆使していました。

2ステップマーケティングというのは、広告紙面にいきなり治療院の広告を掲載するのではなく、まずは症状にお困りの人に向けて無料オファーを提示し、手を上げてもらいます。例えば、腰痛でお悩みの方に、「今なら腰痛体操マニュアルを無料プレゼント!」というような広告を掲載するわけです。

すると、腰痛でお悩みの興味を持った方が、そのマニュアルを請求してきます。そしてマニュアルと一緒に、自分の所の治療院の資料を入れてお送りするわけです。資料には、広告紙面には書ききれないほどに治療院のこだわりをお伝えし、しっかりと納得した方が予約を取って下さり、来院時には既にある程度の理解関係が生まれているという仕組みです。

2ステップマーケティングを紙媒体で展開するデメリットは、「コストがかかる」ということが一番のネックでした。ただ、これは治療院だけでなく、ご商売をしていくうえで一番大切なこと、「リピートがある」ということで、初期にかかったコスト以上の売上が、じわじわと増えていくことがポイントとなります。

しかし、そんな紙媒体による戦略も、インターネットが広く普及することで活動はどんどんとネットへと流れていきました。


ローコスト・ハイリターンのネット活用で活躍の場は全国に。
露出を抑えて毎月50名以上のご新規さん

私はインターネットを活用するようになり、すぐに気づいたことがありました。

「ネットは地域密着ではなく全国が守備範囲になる」ということに着目したのです。

それまでの広告は、自分の治療院が大阪ですから、大阪府くらいまでが商圏となっていましたが、インターネットは全国の人が見る。ということは、治療院をアピールするよりも、もっと効率の良いものをアピールしていけば良いのではないかと考えたのです。

それが今で言う「情報商材」というものでした。

当時は治療院が患者さん向けにセルフケアのマニュアルやDVDをネットで販売するなんて皆無でした。私は自分でマニュアルとビデオを作り、それを通信販売することでインターネットを活用することにしました。

結果は大ヒットで、累計、12000セットの販売につながりました。その間、私はインターネットでいかにホームページを露出させるかを研究しながら、検索エンジン対策を地道にコツコツと治療の傍らで取り組んでいました。

インターネットの世界は、自分のところが治療院だからといって治療院だけがライバルなのではありません。漢方薬局やドラックストアー、医院や病院、あるいはポータルサイトにいたるまで、様々な業種が検索エンジンのトップを狙ってせめぎ合います。

そのせめぎ合いの中に身を置くにつれ、自然と検索エンジンに対する理解や、ホームページの作成能力も上がっていきました。

それが功を奏してか、インターネットが飽和状態になり始めたにも関わらず、治療院へのご新規さんは毎月50人以上の来院があり、それも1人で運営している分、余り増えれば回らなくなるので抑えているという状態です。

過去に何度か露出を抑えないでおこなったことがありますが、そのときはご新規さんが120名以上になって、ほとんど予約を断る状態が続いたので、今は無茶をしないようにホームページの露出を抑えて運用しているくらいなんです。


ちなみに、私の治療院は悪条件の4Kを兼ね備えています。

4Kとは、

・「看板無し」のK
※諸事情で看板は設置していません

・「階段」のK
※エレベーター無し。段差の高い階段の2階です

・「暗い」のK
※古い建物の薄暗い廊下一番奥というドキドキな場所

・「怖い」のK
※ラブホテル街の一角のため初めての方は物怖じしてしまいます(苦笑

★なお、現在は「暗いK」の部分は、廊下一番前に移転し内装リフォームしましたので、少し改善しました。

こんな悪条件ではありますが、インターネットとホームページのお陰で、なんとかここまでやってこれました。ですから、これから頑張って始めていこうと考えていらっしゃる方に、私のような環境でも営業出来ていることから、少しでも自信と勇気をつかんで頂けたらと思います。


目先の成果ではなく、地道にコツコツが、安定した基盤を築く

こうした私の経験から言えることは、ホームページは持てば持つほど、そして、ホームページごとにしっかりとした文章、メッセージ、サイトのボリュームを付けてアクセス数を上げることで、お客さんには困らなくなります。

今回ご提供させて頂いているホームページ作成代行は、これまでの経験とノウハウを詰め込んで、そのエッセンスを初心者の方にもご活用頂けるようにしています。

ただし、1つだけ注意点があるとすれば、「焦らないこと」です。

早くお店を軌道に乗せて安定した収入を得たいと思うことは当然です。しかし、結果を意識しすぎて焦っていると、目の前のことが雑になっていきます。

今、目の前のことを雑にするということは、その状態で将来を実らせるということでもあります。雑で不安定な種をまけば、そのまま「雑で不安定な実」しか育たないんです。

良き結果を求めることは、それはそれとして、大切なことは目の前のすべきことをコツコツと地道に取り組んで行くこと。これが地盤を固め、しっかりとした大木に育つのだと思います。

ここでお作りしたホームページは、コツコツとページを増やすことだけに集中して頂ければ結果に、反映されるようになっています。ページを増やすのも、ログインしてタイトルとご自身なりの文章を日記のように書くだけでもかまいません。その要点はサポートにてお伝えさせて頂きます。

ぜひ、慌てず焦らずにコツコツと、を実践して参りましょう!



よく頂くご質問Q&A
治療院ホームページ作成代行(トップページ)


代表 山下 剛(やました つよし)
院名称 アステル心身調律院
サイト事業 治療院向けホームページ作成代行
ブログ 意識の焦点
活動 専門療法によるカウンセリング、及び整体・リラクゼーション
オリジナル心身調律メソッド主宰、ホームページ作成代行事業
ご利用者様には個別のメールサポートを無制限で実施
読者35000名を超える無料メールマガジンを発行




※前向きにご検討中の方は、電話(スカイプ)相談にて直接じっくりお伺いしてご検討頂くことも可能です。以下のバナーをクリックしてご相談受付フォームより是非ご連絡下さい。

 

※メールでのお問い合せ・ご相談は直接メールから送信頂けます → こちら


よく頂くご質問Q&A
治療院ホームページ作成代行(トップページ)

治療院ホームページ作成代行は、現役のセラピストが現場で培ったノウハウを惜しみなくパッケージ化したものです。

提供:アステル心身調律院
代表者:山下 剛
大阪市淀川区十三東1-18-28-201
コンテンツメニュー
 トップページ
 月50人以上の軌跡
 よくある質問(Q&A)
 利用規約・法規表示
 ご相談・お問い合わせ
 ※お気軽にメールをご利用下さい。

















運営管理サイト
耳鳴りやすらぐ読む薬

気づきのプログ

 

HOME月50人以上の軌跡よくある質問(Q&A)利用規約・法規表示ご相談・お問い合わせ
 
Copyright© 2013. All rights reserved.治療院ホームページ作成代行